コロナ関連 各種検査

抗原検査

抗原検査とは、新型コロナウイルスの構成成分であるタンパク質を、ウイルスに特異的な抗体を用いて検出する検査方法です。 ウイルスの遺伝子を特異的に増幅するPCR検査(核酸検出検査)と同様に、陽性の場合はウイルスが検体中に存在することを示します。

比較的簡単に検査することが可能で、インフルエンザの検査をするときはこの抗原検査が一般的です。

PCR検査

検査対象のウイルスの遺伝子を特殊な薬液を用いて増幅させて検出する検査方法です。鼻や咽頭を拭って細胞を採取し、検査を行います。

リンク